RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本はどこも良い街だなー。 | main | エレキをもう一本! >>
白昼の殺戮者
0

    6月18日   曇り   起床5時半

     

    昼食    犬丸屋の冷やしうどん

          犬丸屋の弁当

          コーヒー

     

    ブログを書き終え、終了をクリックすると、パソコンが

    ウンともスンとも動かない。

     

    「またか!」

    これまで何度あったことか。

     

    ー 機械には感情がある −

     

    出来のいいブログ書くと、よく消える。

    一戦を超えた内容だと必ず凍りつく。

    どうでもいいのは絶対フリーズしない。

    問題作は、書き終えたのを見計らって消える。

     

    ー いや、前フリやないけど −

     

    北朝鮮は「またもや」韓国敵視に舞い戻った。

    勝手に核開発しておいて、「もらいが少ない」とばかりに

    韓国をボロクソ云う。こんな国どうなん?

     

    その韓国にどやしつけられてるのが日本。

    笑えるわ。

    ジョンウンの妹がヨジョン?

    どうでもいいわ、そんなこと。

    知らん知らん!

     

    ー 僕の仕事は −

     

    まあ、仕事じゃないけど。

    良い曲やと思うてる曲のコードを取ってる訳で。

    音楽の知識、ほとんど無いからね。

    コード取るだけでも時間掛かるし、大変なんやわ。

     

    ー 公職選挙法???? −

     

    ウグイス嬢のギャラの上限が一日1万5千円やて?

    そんな、細かしこと、なんで決めないかんの。

    そんな法律、アホでしょ。

     

    自分の陣営の地方議員に金配ったら違法やて?

    金を吸い上げたなら疑問やけど。

    この頃は、金使って捕まるのが多いなー。

    公職選挙法はもっと簡単で良い。

    結局、「日本国民を信用してない」が、底にある。

     

    ー コロナでうんざりしてるのに −

     

    小松は、6月に入って、気が狂わんばかりに戦闘機がギョ

    インギョイン飛ぶ。ただでさえイライラしてんのに、堪忍

    してくれや。

     

    ー 本日よりバンド練習開始 −

     

    もっともっと音楽を楽しまんといかん。

    女を愛せんでも、男ならロックは愛せる。

    ロックは裏切らんから。

     

    いやいや、裏切るから男と女は面白いか?

    でも、そんなんばっかじゃ疲れるわな。

    ついこの間16歳やった女の子が、ハタと気付いたら63

    歳やもん。

     

    いやー、人生は面白過ぎる。

    と云うか、速過ぎるん。

    人間はこの速さに追いつけん。

    老けるのも、もの凄く速い。

     

    ー 今日書いて消えたブログの題名 −

     

    「夏、白昼の幻惑」

    せめて題名だけでも残しとく。

     

    小さな橋の上での出来事。

    スズメが一羽、橋の上で凍りついてる。

    その目線の先に、ひも状のものがある。

     

    よく見ると巨大な青大将だった。2メートルはある。

    奴は鎌首を斜めにもたげ、首を少し胴体に引っ込めて構

    えた。

     

    幻惑されたスズメの運命や如何に!

    それを見ていた男の正体や如何に!

    なぜ車が走る橋の上で、このような場面が生まれたか!

    謎を呼ぶ「田んぼの中の小さな橋」

    殺戮はこれだけだったのか!

     

    想像してください。

    それにしても、疲れたなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:23 | comments(0) | - | - | - |