RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< エレキをもう一本! | main | 半額で何とかヨロシク! >>
AIか、コミユーンか?
0

    6月23日   晴れ   5時半

     

    朝食   鳥胸肉のトマト煮

         厚切りトースト

         牛乳

     

    昨日は、ほぼ1万歩歩いた。

    金沢で「ロック入門」を終え、午後10時、電車で小松

    に。そんで、マッツに置いてあった自転車をオッチラ漕

    ぎ帰宅。

     

    ー さてさて、ボルトン君 −

     

    保守コチコチのボルトンに、色んなこと暴露されて、トラ

    ンプさんは苦境に立たされた。

    これりゃもう終わりかも知れん。

     

    ー 「米国第一主義」じゃなくて「選挙第一主義」? −

       

    日本と韓国から、米軍の馬鹿高い用心棒代を搾り取ろうと

    したり、習近平に「選挙の時は助けてね」と、お願いした

    り。どうにもならんなー。

     

    「ロクな奴じゃない」から気に入ってたけど、これでは普

    通に「ケチな奴」じゃん。まあそれでもいいんだけどさ。

    「日本を脅して金を巻き上げろ!」

    やっぱ、許せんな、サヨナラかな?

     

    ー 不思議な人たち −

     

    日本がミサイル持つのを絶対認めない輩がゴマンといる。

    北か中国の傀儡だろうが、ダマされてる国民は大勢だ。

    やはり日本は左翼国家だ。きっちり洗脳されてる。

     

    戦後、何十年かけて刷り込んだんだから、やにわに消えな

    い。加えて、日本人が選んだ道だし、朝日を恨んでも仕方

    がない。僕とは考えが大きく違う。でも僕は、言論封殺な

    んて真似は絶対しない。

     

    ー 話は変わって −

     

    僕はこの所ずっと、「老後の楽しみ」についてブログを書

    いてる。「老後の幸せ」でも構わないが。

     

    ー 若い頃の思い出だけで人は生きられない −

     

    「若い頃はヤンチャしまして」

    「若い頃はブリブリ云わしてました」

     

    人間は昔の話をする生き物だ。

    65歳を超えると、現実3に、過去7の割合かも。

    それぐらい昔の話をする。

     

    ー でも、肝心なのは今だ −

     

    昔、いくらブリブリ云わしても、今がボロボロならどうし

    ようもない。「あの人は結局、ボロボロで終わった」とな

    る。いや他人がどう思おうが、生きてる間は面白い方が良

    いに決まってる。

     

    ー 道州制の賛否 −

     

    東京圏には4千万人が暮らしている。

    北陸新幹線開通後は、長野、富山、石川も加わった。

     

    日曜日の「日テレ」辛坊さんの番組で「地方分権」が俎上

    に上った。

     

    地方分権に反対する人たちの意見はふたつ。

    ひとつは「東京集中を解体するのは無理」、もうひとつは

    「州都に人口が集中するだけ」だった。

     

    なぜ日本人はこうも「形」にこだわるんだろう。

    「この国の形」なんてのは明治維新の話だ。

     

    家業を継いでる人は何も問題はない。

    問題は地方から東京に出て来たサラリーマンだ。

     

    サラリーマンは家業を息子に継がせられない。

    サラリーマンは一代限りの浮草業だ。

    例え一流企業の重役に成ろうが、CEOになろうが関係な

    い。

     

    では退職したあと彼はどこに住み、なにで暮らすのか?

    熱海か伊豆高原にでも行くか?

    どこかの山里に古民家を買って住むか?

     

    60歳で定年になり、天下っていたが65歳になった。

    いよいよ仕事は終わった。さあ、どうする!

    残りの20年をどうする!

     

    別に追い詰めてる訳じゃない。

    いっしょに考えようと提案してる。

    国の形ではなく、もちろん道州制にした時の州都の問題で

    もなく、「死ぬまでの20年」を、如何に楽しく過ごすか

    の問題。

     

    故郷に帰るも良し、嫁の故郷に住むも良し。

    でも、することがなかったら、男は寂しい。

    くれぐれも、家業のある人は関係ない。

    息子か娘に継がせればいいだけだから。

     

    いかにサラリーマンが特殊かってことです。

    若い人は考えないでしょうね。

    サラリーマンは年取ったらキツイ。

    あまりいい仕事じゃない。

     

    ー そういうこと −

     

    寂れてゆく地方だけの問題ではない。

    この国の問題。

    サラリーマンだらけになった国の問題。

     

    それこそ退職後の「形」がバラバラ。定形がない。

    そのこと、しっかり覚えておいてね。

    歳喰ってジタバタせんように。

     

    ー 僕は英国から学ぼうと提案してる −

     

    英国式とは、コミティ(コミニティだと云われたが、コミ

    ティの方が可愛い)を作り、そこで暮らす方法を見つける。

     

    別に昔のコミューンでも構わんけどね、ウヒヒ。

    フリーセックスかいな?ついて行けんなー。

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:31 | comments(1) | - | - | - |
    だから早く忠平さんの 今 が聴きたいです。

    国に言ってもアカンから泉佐野市はやってみた。
    都構想も道州制も賛成。
    3年後は石川県民になるんですけど〜。
    | arison | 2020/06/24 8:15 AM |