RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 半額で何とかヨロシク! | main | さて、司馬遼太郎からもパクるぞ! >>
酒と加賀平野と旧友たち
0

    6月26日    大雨    起床7時

     

    昼食    冷やしうどん

          玉子巻き

          きゅうりマヨ

          ラッキョウ

     

    ー 朝から大雨の中をゴミ捨て −

     

    傘を差し、重いゴミ袋を持ち、捨て場に行くだけで心臓

    が苦しい。早朝の激しい運動はアカンと知っているが、

    ゴミが溜まるんだから仕方がない。

     

    ー 同級生と会食 −

     

    昨日は動橋(いぶりはし)の白川食堂で、16時30分よ

    り会食。総勢6名の内、ひとりを除いては全員小松高校

    の同級生。店内は貸し切り状態なので、互いの間隔は充

    分にとった。

     

    メインの料理は、トンテキ、ロース、ヒレから選ぶ。

    僕はもちろんロース。これが異常に旨い。

    最初のギョーザもベリーグッド。

     

    しばらくして女性軍2名が加わる。

    ふたりとも若く見える。

    やっぱり、こう云う場に女性は必要。

     

    生ビールから始め、高級芋焼酎、能登の麦焼酎へ。

    銘酒「手取り川」の燗酒、生酒、ワイン等が飲み放題。

    店主はそもそも同級生。彼に会いたくて定期的に僕らは

    会食してる。

     

    前回は喰い過ぎたので、今回は用心したんだけど、ズボン

    のベルトはぶっちぎれる程だ。

    「今世紀最大やな」

    大岩石のような腹になった。

     

    午後8時近くの電車で帰った。

    隣の粟津駅で大勢の高校生が乗り込んで来た。

    「クラブでもやっとんたんかな」

    M君が誰に云うともなく云った。

     

    10代の若者と、60代後半の男達が一緒に、電車に揺られ

    ている。電車は粟津駅と小松駅の中間を走る。

     

    小松駅と粟津駅の間。粟津駅と動橋駅の間。

    これらの間に広がる加賀平野が好きだ。

    グンと上に広がる空と、風にそよぐ平らな大地。

    太陽と風と、田んぼと草原と川と。

     

    それに気づいたのは去年。

    福井競輪場への行き帰り。

     

    ぼーっと窓の外を眺める。

    10代の頃には感じられなかった何かを感じる。

    自分は豊かな景色の中で育ったんだなーと思う。

     

    60代でなければ感じられないことはある。

    内側ではなく、歳を取ると、ようやく人は外側を見る。

    若い頃は外側を見なかった。

    自分と云う内側ばかり見ていた。

     

    同級生の健康を祈りたい。

    同じ時間を過ごした友は貴重だ。

    彼らはこれからも色んなことを発見してゆく。

    まだまだ人生は終らない。

    いや、始まったばかりかもしれない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:56 | comments(0) | - | - | - |