RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 酒と加賀平野と旧友たち | main | 映像から退所せよ! >>
さて、司馬遼太郎からもパクるぞ!
0

    6月29日   晴れ   起床6時

     

    朝食    ベーコン・エッグ

          イカのキムチ炒め

          きゅうりの漬物

          ご飯

     

    ー せこい心・出まくる腹 −

     

    ダイエットはやめた。

    ご飯はキッチリ、納得する量を喰うことにした。

    腹は出るだけ出てるが、そんな些細なことは気にしない。

     

    運動でしか腹は引っ込まない。

    まあ、当たり前だわな。

    富士フイルムのメタバリアも効果は全くなかった。

    ただ腸の具合は良くなったように思うが。

     

    歩くのが嫌なら、家じゅうに掃除機を掛けるか。

    一番しんどい家事は「掃除機を掛ける」だし。

    ただ、僕は毎年夏に太る。

     

    食慾が旺盛になり、何でもパクパク喰いだす。

    嫌だねー、ドブ川の醜い鯉みたいだ。

     

    ー 司馬遼太郎を読む −

     

    僕が親父の書斎で読んだのは「明治と云う国家」

    司馬さんは1923年生まれ。この本の発行は1991年

    なので、丁度僕と同い年の68歳ぐらいでこの本を書かれ

    ている。

     

    この本はNHKの吉田直哉氏とのからみで生まれた。

    映像作家と小説家のコラボレーション。

    司馬氏は吉田さんにふれて、こう書いている。

     

    ー想像は、人間の中の高度の少年の部分がやるのである。

     音楽、絵画、詩、むろんテレビ制作もそうだろうし、

     恋愛もつねにそうである。 −

     

    なかなかに、言い切ってしまうのが司馬遼太郎の特徴か。

    「高度の少年の部分」なんて、分かるような分からぬよ

    うな感じだけど、断言してしまうのは勇気がいる。

     

    現代なら「差別的」としてエライ目に会う。

    「少年」ならいいが「少女」はハナから駄目なのか?

    或いは、「高度な少年の部分」を持たない人間は恋愛すら

    出来ないのか?

     

    まあ、1991年あたりの世の中は、寛容だったんだね。

    でもまあ、司馬さんの文章は読みやすい。

     

    ー ライブハウスの受難 −

     

    マッツはまだ稼働できない。

    スタンディングで200名は入るが、政府のガイドライン

    に沿えば、20名ぐらいになる。

     

    これでイベントを打つ人はひとりもいない。

    フェースガードを付けて歌ったり、ビニールの後ろで歌っ

    たりは出来ない。

     

    結局、知らんフリして濃密なライブを決行するしかない。

    いや、もうしてるだろう。そうしなければ、ライブハウス

    はひとつ残らずこの世から消える。

     

    3月、4月、5月、6月、7月は全滅。

    これで8月、9月も駄目となると、生きてはゆけない。

    全く見通せない。

     

    立川志らくが「芸人ならこれぐらいは覚悟してやってない

    と話にならない。野垂れ死ぬ覚悟で」と、テレビで云った

    が、そもそも落語なんて金の掛からない芸をやってる人間

    に、ガタガタ云う権利はない。

     

    僕のようなへそ曲がりは落語をそんなに評価していない。

    古今亭志ん朝は素晴らしいと思ったが、声の悪い(高音

    が出ない)落語家があまりに多い。

     

    落語は浪花節に比べたら屁のようなものだ。

    (僕も司馬遼太郎と似てるなー)

    落語にケンカ売る必要はない訳で。

    でもよー、オアシもらってるテレビで云うなんざ、筋が違

    うんじゃねーか、兄ちゃんよ!

     

    ー そんな訳で −

     

    色んなこと思うコロナ禍ではある。

    アメリカのように開き直ってマスクもしないのが一番いい

    が。マスクなんてデブには毒だからね、窒息しまっせ。

    母が云うように、早めに死ぬのが日本人らしい気配りかも。

     

    なんせ浄土真宗は「空」ですから。

    みな死ぬんですから。

    これも司馬さんの受け売り。

    ウヒヒヒヒ。

    パクリ人生やねー、ほんと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:55 | comments(0) | - | - | - |