RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< さて、司馬遼太郎からもパクるぞ! | main | 少年の場所はどこにもない >>
映像から退所せよ!
0

    6月30日   小雨   起床7時

     

    朝食    ベーコンと野菜のトマト・スープ

          ナスとキュウリの漬物

          玉子巻き

          らっきょう

          ご飯

     

    ー ラッキョウを漬けること −

     

    明日はラッキョウを漬ける。

    ラッキョウは今のとこ壜の中。塩水に浸かっている。

    母は力仕事が出来ない。

    僕は母の指示のもと、ただ黙々と働くだけ。

     

    母の作る弁当にラッキョウは欠かせない。

    大根寿司を作るのは諦めたが、せめてラッキョウは続

    けたいと、僕も母も思う。

     

    ー 梅雨らしい天気 −

     

    ようやく小松も梅雨らしくなった。

    今のとこ、例年のように大雨は降らない。

     

    今年は小学生の頃の梅雨と似ている。

    小学1年、2年の頃はこんな梅雨だった。

     

    ー 庭にヤギのいる女の子に呼ばれて

      家に遊びに行った −

     

    庭の真ん中にヤギが一匹いた。

    女の子の父親は羊飼いのような男だった。

    女の子の母親がヤギの乳をすすめた。

     

    ヤギの乳は、やっぱ、ヤギの匂いがして気味悪かった。

    呼ばれたのは小学1年の頃。

    あの頃はやたら女の子の家に呼ばれた。

     

    「勉強のできる男の子」

    そう思われたのかも知れない。

    「きっとスケベに違いない男の子」

    そう思われたのなら光栄だけど。

     

    小学1年でスケベはないか?

    僕はあると思うけどね。

     

    云い方は難しいけど、今年の梅雨は華やかな梅雨として

    記憶に残ると思う。どうだろうね。

     

    ー コロナ禍で一番の変化 −

     

    一番の変化は「テレビ離れ」じゃないかな。

    テレビが崩れてゆく「始まりの年」だと思う。

    やはり、ネットの力はあなどれない。

    ユーチューブがあれば、マニアックな番組を朝から晩まで

    観れる。

     

    ー 同じようなアホを発見できる喜び −

     

    AIがすべて提供してくれるだろう。

    結果、僕等は相当なアホになる。

    今でもかなりアホ病は進行してるけど。

    もっとアホになれば、テレビもユーチューブも観なくなる

    んじゃないか。

     

    朝から晩まで映像観てるのはマズい。

    映像は麻薬だから。

    体のエネルギーを確実に吸い取ってしまう。

     

    パチンコがいい例だ。

    あれはギャンブルではなく、エネルギー吸収マシーンと思

    った方が近い。

     

    人間は、エネルギーを吸ってもらうと気持ちがいい。

    いや、全ての動物がそうだと思う。

    巨大コンサートの主役は音ではなく映像だ。

    あっという間にそうなった。

     

    これに人工頭脳が加わる。

    間違いなくアホな世界が出来上がる。

    そんなものに近寄れば、それこそ映像中毒患者ですよ。

    映像はタチが悪い。

     

    そんなことより、ラッキョウ漬けましょうよ。

    文明などを信用すると、つまらん日常を過ごす羽目になる。

    養老先生なら「虫に帰れ!」そう云うでしょうね。

     

    ー 馬鹿かアホか知らんけど ー

     

    だいたい、大衆が好きなものは避けた方がいい。

    避けたくなければ、逆に考える。

     

    トランプは馬鹿だと云う。

    でも事実は逆かも知れない。

    トランプは馬鹿だと云う者が馬鹿なのかも。

     

    自分で考える。

    テレビは当てにならない。

    アホと云われても良いから自分で考える。

     

    自分で考える為には相当勉強せねばいけない。

    故に毎日勉強する。

     

    「ラッキョウを漬ける」

    これは大いなる勉強だ。

    本に書いてあることを学ぶのではない。

    母のやり方を学ぶ。

    ひとりの女が守り通したことは、とても重要だ。

    「映像」なんか観てるヒマはない。

     

    ラッキョウ!万歳!

    ニッポン!万歳!

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:42 | comments(0) | - | - | - |