RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 映像から退所せよ! | main | 再びのサヨウナラ、司馬遼太郎さん >>
少年の場所はどこにもない
0

    7月2日    小雨    起床5時

     

    朝食    きゅうりマヨ

          トマトと卵の炒めもの

          厚切りトースト

          牛乳

     

    昨日はラッキョウを漬けた。

    漬け終わった大きな壜を3個、台所の下の物入れに置いた。

    「嗚呼、うれっしゃー」

    母が云った。

     

    それで今朝はシャワーを浴びた。

    先日、妹が母用に買った椅子に座り、髭を剃ろうとした。

    鏡に、腹が写った。太鼓腹だった。

    思わず目をそらし、見なかったことにして、髭を剃った。

     

    母が作った弁当をバッグに入れ、なかばヤケになり、小雨

    の中を自転車で突っ走った。

    カッパを着たデブが、自転車で暴走してるとは、お釈迦様

    でも気付かない。ウヒヒヒ。

     

    ー 宗教について少し −

     

    「仏教は宗教と云うより哲学に近い」

    司馬遼太郎はそう呟いている。

     

    「すべては空だ」

    その、あまりの単純さに、本国インドの人達は仏教につい

    て行けず、仏教はインドでは根を下ろせなかった。

     

    浄土宗は中国人が作ったと聞いたように思う。

    それが日本に渡り、親鸞が脚色し、浄土真宗を起こした。

    司馬さんも僕も宗派は浄土真宗。

     

    思うに、キリスト教かなんかの真似をして「極楽浄土」な

    るものを作ったのか?

    浄土なるものが有ると云うこと自体、「空」と矛盾する。

     

    でも、司馬さんは仏教が好きだと云う。

    分かる気もする。

    釈迦と阿弥陀如来だけじゃ少し寂しい。

    あーだこーだあるから物事は楽しい訳で。

     

    宗教から、当時の日本人を想像することはできる。

    神道も決まりごとがない。でもこっちは、そうだからこ

    そ流行ったとも云える。

     

    分かり易い宗教より、ゴチャゴチャしてて、分かり難い方

    が余計にハマる。韓流ドラマみたいにね。

     

    ー 昔のこと −

     

    子供の頃。

    一週間に一度「ウォルトディズニー・アワー」が放映され

    た。一週間おきに、実写とアニメが交代で放送されたと思

    う。

     

    僕はもっぱら「実写」番組を好んだ。

    だいたいは、動物たちの生態や、多少ドラマ化された動物

    の物語だったが、それらは後の「オオカミ王ロボ」に繋が

    った。

     

    ー 僕はかなりなディズニー好きだった −

     

    1974年。

    カリフォルニアにいた。行こうと思えば「ディズニー・

    ワールド」に行けた。

     

    でも行かなかった。

    ロック・バンドを観る方が百倍魅力的だった。

    僕の中のディズニー熱は冷めていた。

     

    ディズニー・ランドは男の子の場所だと思っていた。

    危険な目に会ったり、音楽を聴いたり、動物たちと会った

    り、冒険する場所だと思っていたが。

     

    日本の少女たちがテレビで「私の夢の国」なんて云うのを

    きくたび、僕等を冒険に駆り立てたウォルトの思いは、ど

    こに消えたんだろうと思う。

     

    それはそれでいいんだろうが、淋しい。

    ディズニー・ランドは、やっぱ、少年たちの為につくられ

    た夢の世界に違いない。

     

    ー 最後に −

     

    コロナ禍においても、個人の自由を奪うと云って、強制力

    を持つ法律を忌み嫌い、作らせなかった人達よ。

    あなたたちは香港の人達をどう思うのか。

    彼らの自由を奪う中国に対し、どんな行動を起こすのか。

    それとも知らんぷりか。

     

    日本に対し数百のミサイルを配備している中国と、核弾頭を

    すでに数十個保有し、いつでも日本に発射できる北に対し、

    日本は、中国、北朝鮮を爆撃するミサイルを、ただの一発も

    保有できないことに、疑問を持たないのは何故か。

    あなた達は完全に狂っているのか。

    それとも、神の領域に達したと勘違いするノータリンか。

    自民党よ!

    ブレーキをかけるのは誰か!

    気は確かか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:32 | comments(0) | - | - | - |