RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 少年の場所はどこにもない | main | 僕が荷物を担ぐと男は云った。 >>
再びのサヨウナラ、司馬遼太郎さん
0

    7月6日    雨    起床7時半

     

    昼食    すき焼き・うどん

          生卵

          ラッキョウ

          きゅうりの九ちゃん

          ご飯

     

    熊本の球磨川が氾濫し、多数の死者が出た。

    今朝の北国新聞にも、命が奪われてゆく、克明な描写が

    載った。

     

    生きようと死に物狂いの人間を、泥水は飲み込んでゆく。

    コロナも洪水も同じ。両方とも窒息で命を奪う。

    明日は我が身。北陸の雨は明日がカギ。

     

    ー さようなら、司馬さん −

     

    司馬さんが世の中で一番嫌った男は、東条英機だったと

    思う。「彼は低能だった」と言い切る。

    陸大出てる人を「無能」と云うなら分かるが「低能」は

    ないんじゃないか。

     

    ー 去年出て来た天皇発言のメモ −

     

    「近衛は信用できない。信用できるのは東条」

    もし司馬さんが生きてたら、これをどう解釈しただろうか。

    昭和史はまだまだ謎に包まれてる。

     

    ー 歴史は日々解明される −

     

    昔、信長の前に、ヨーロッパの宣教師が現れた。

    彼ら宣教師達の目的は布教だが、それだけではなかった。

    彼らは日本を本国の植民地にしようとした。

     

    幕末・明治維新、日清日露戦、米国真珠湾攻撃に至る歴史

    の裏側に、ヨーロッパ諸国や、ユダヤ人達の思惑がうごめ

    いていた。

     

    司馬さんの考え方は、何のかんの云って西洋的だと思う。

    彼の、東条英機や日本陸軍への憎悪の裏には、西洋諸国

    ならこんな馬鹿げた戦争はしなかったはずだ、がある。

     

    ー 馬鹿げた戦争があって当たり前 −

     

    今も中国は馬鹿げた侵略を毎日続けている。

    でも百歩譲れば、中国にはそれなりの理由があるのだろ

    う。他の国の者にはさっぱり理解出来ない理由が。

     

    国が違えば理屈は通らない。

    独裁だの、悪だの、百万回文句云っても、そんなものは国

    が違えば、何の役にも立たない。

     

    ー 司馬史観 −

     

    国連において、日本は罪深い敗戦国だ。

    日本以外のすべての国がそう思っている。

    日本は他の国々全てを敵に回して、今も生きている。

     

    故に、憲法を改正して、並の国になることさえ憚られる。

    してはいけないことになってる。

    日本人は憲法改正ひとつするにも、世界を敵に回す。

    世界は日本を信用していない。

     

    日本は未だに奇妙な国だと思われてる。

    中国文明の、ひとつの枝葉ぐらいにしか思われてない。

     

    以上が司馬史観だ。

     

    ー 司馬史観からどう離れるか −

     

    そう、今も日本は司馬さんの呪縛から逃れられない。

    司馬さんの云う通り、日本文明なるものを日本は作れなか

    った。世界から見れば、中国に征服された小さな島国と映

    っている。

     

    日本は中国に一度も征服されたことはない。

    日本は、司馬さん流に言えば、中国の文物をきちんと金で

    買った律儀な国だ。

     

    でも、そんなことは誰も知らない。

    中国人も、朝鮮人も、もちろん欧米人も。

    日本は、中国文明の末端から生まれた野蛮な国。

    世界はそう思っている。

     

    ー 歴史は面白い −

     

    アガサ・クリスティーを読むのと似ている。

    推理出来るからだろうね、きっと。

    自説を立ち上げないと話にならないけど。

     

    司馬さんの歴史観は、物凄い量の知識で出来ている。

    でも、そこそこに、ファナテックな面も見られる。

    彼は学徒出陣し、戦車隊に送り込まれた二等兵だったこと

    に、抑えがたい思いがあったと思う。

     

    山本七平氏の戦争について書かれたものと比べると、司馬

    さんの文章は、火傷するくらい熱い。

    彼の内側は燃え盛っていたんじゃないか。

    クールに見えるが、なかなか、そんな人じゃない。

     

    ー 最後に −

     

    ロックミュージシャンは忙しい。

    今日も母を市民病院へ連れていった。

    母は輸血を拒絶したが、医師に諭されて撤回した。

     

    思うに。

    輸血を始めてから母は元気になったと思う。

    それを母に告げると、「そうかんね」と云った。

    母には自覚がない。

     

    自分では分からない。

    そんなもんだ。

    自分のことが分かったら、面白くも何ともない。

    勘違いしてるのが一番。

    それでは、また。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:20 | comments(0) | - | - | - |