RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 再びのサヨウナラ、司馬遼太郎さん | main | ツキを変えようぜ! >>
僕が荷物を担ぐと男は云った。
0

    7月7日    小雨    起床5時

     

    朝食   すき焼きうどん

         きゅうりの九ちゃん

         生卵

         ご飯

     

    ー すき焼きを作る −

     

    糸コンを大量に喰いたくて「すき焼き」を作った。

    牛肉はほんの少し、焼き豆腐はかなり多目に投入した。

    朝はこれにウドンを入れ「すき焼きうどん」にする。

     

    炊き立ての飯に明太子なんて云うが、僕は炊き立てのご飯

    はあまり好きじゃない。

    原因は猫舌。もうひとつは、炊き立てのご飯は味が薄く感

    じるから。

     

    ご飯は冷えた方が百倍旨い。

    駅弁が旨いのは飯が冷えてるから。

    中国人は滅多に冷えたものを喰わないとか。

    これは大きな文化の違いだ。

     

    池波正太郎は旨いものとして、「前日食べ残した冷えたト

    ンカツ」を挙げている。ソースもかかってる方が旨いと。

    こう云う人は無条件で尊敬する。

     

    初代総理大臣伊藤博文は、ワインはブルゴーニュの白を好

    んだ。「古い森の味がする」と、云ったとか云わなかった

    とか。

     

    昔の日本人は味が分かっていたと思う。

    西洋化すればするほど、味は分からなくなったんじゃない

    か。

     

    ー 話はクドイ方向に −

     

    維新を成し遂げた人達。

    大久保、西郷、坂本だけではなく、幕府側の勝海州らは江

    戸時代に生まれ、江戸時代に育った。

     

    明治維新は江戸時代の人達が成した革命であり、明治生ま

    れが成したわけではない。江戸幕府がひいたレールの上を

    、薩長の若者が歩いただけと、司馬さんは云ってる。

     

    維新は下級武士の息子達が起こし、その後の民主化は、大

    地主や庄屋の息子達が成したと云われる。

    となると、江戸の文化、武士道、及び封建制度こそが、僕

    達を日本人たらしめる源泉になる。

     

    ー ロックと歴史 −

     

    ポップスはポップス好きに任せておいて、ロック・ミュー

    ジシャンはもっとネーションを描かねばならない。

    日本の今の姿を、日本の日本たる姿を。

     

    血の流れと云おうか。

    文化の流れなど云うのは、少し軽い。

    文化を起こした源泉を突き止めねば、日本のロックは決し

    て完成しない。

     

    ほとんどの人は「ロック云うても唯の音楽やないか」と思

    ってる。そんな人はイマジネーション欠乏症だから放って

    おいて、僕等はもっと深く森の中に、入り込まねばいけな

    い。

     

    政治家が命を賭けて、憲法改正を成そうとするように。

    ロックは古くて深い森の中から、輝ける未来を見つけなけ

    ればならない。

     

    ー 最後に −

     

    よくこんなクドい話をしてると思う。

    メージャーセブンスで、ヘラヘラ平和な歌を作ってれば楽

    だけど。北陸の「重さ」が、そうはさせない。

     

    ザ・バンドの「ウエイト」(重さ)は難解な曲だ。

    「ウエイト」は生きてる証であり、生きる姿だと思う。

    「ウエイト」のない人生は軽くていいんだろうが、僕は好

    きじゃない。

     

    「ウエイト」を失った国が日本だ。

    戦後、日本中が「ウエイト」から逃げた。

    今も逃げ回っている。

     

    それは僕であり、あなただ。

    無重力な世界に人間は生きられない。

    でも、無重力になりたがる。

    つまらないと分かってるのに。

    つまらない世界をいつか認めてしまう。

     

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:12 | comments(0) | - | - | - |