RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 僕が荷物を担ぐと男は云った。 | main | 悪人は都会の女が好き >>
ツキを変えようぜ!
0

    7月9日    曇り    起床6時

     

    朝食    フランスパン

          玉子巻き

          きゅうりとレタス

          スイカ

          牛乳

     

    15・6年前、小松の実家は、道路拡張工事の為に、2

    0坪を県に売った。工事は最低でも5年かかると云われ

    た。その間は、どこか他に住んでくださいとのことだっ

    た。

     

    父は躊躇なく土地を探した。

    そして今の場所に家を建てた。

     

    僕はマンションを薦めた。

    年寄り二人ならマンションが良いと思った。

    母は強硬に反対した。

     

    「箱を並べた様なとこに人は住めん!」

    「庭もないとこに住みとうない!」

     

    家の基本設計は母が担った。

    大工さんに何度も注文を出し、設計図を5・6回は書き

    直させた。母は、廊下の広い家に住みたかった。

     

    家の中はバリアフリー。

    足が悪い母は将来を見越し、風呂場やトイレ、廊下にも

    様々な手すりを付けた。

     

    ー 弱点 −

     

    家は梯川の堤防の際にある。

    水害が起きればイチコロだ。

     

    ー 私見だけど −

     

    梯川の補強工事は何年にも渡って行われた。

    両岸の堤防はかなり強化された。

    シュンセツ工事も行われ、梯川は深くなったらしい。

     

    でも、肝心の、梯川が海に注ぐ安宅大橋あたりは、砂が

    堆積し、驚くほど浅い。これでは出口が狭く、梯川は唯

    のプールになる。

     

    「安宅大橋は古いから、掘り返す工事をしたら橋が

     壊れる」

    そう云う人もいる。

     

    僕の杞憂であって欲しい。

    素人の浅はかな考えであって欲しい。

    でも今のままでは、僕の疑念は晴れない。

     

    ー コロナ禍をどうとらえるべきか −

     

    今朝、海外ニュースを観てたら「ドイツの本日の感染者

    は4百数十名で、これなら医療に支障は出ません」とド

    イツのテレビが報道した。ドイツは日本よりはるかに人

    口は少ない。

     

    「東京で連日、百名を超す感染者が出ています。これで

     は再び外出禁止令が出ても仕方ありません」

     

    「米国では毎日、4万5千人以上が感染しています」

     

    この情報を誰か整理してくれないかな。

    もう、何がなんだか分からん。

    このままではお盆の帰省は出来ない。

    日本民族の大混乱が起きる。

     

    ー ツキのない国 −

     

    競馬・競輪ファンの立場から言えば、今の日本は、恐ろし

    くツイていない。無責任に言わしてもらえばね。

    これだけツイていないのは、何か原因が有るんじゃないか

    とさえ思う。

     

    世界中がコロナでやられてる時に、オリンピックを開催す

    る番だったなんて、こんなことないでしょう。

    呪われているとしか思えない。

     

    コロナだけではない。

    関東では今日も震度4の大地震が起きた。

    毎日毎日、かなりな地震が起きる。

     

    そして、線状降水帯なんて、聞いたこともない現象が、毎

    年日本のどこかで起きる。

    土砂崩れ、洪水、老人施設で多数の死者、道路・鉄道の寸

    断、橋の流失、そして多くの人命が奪われる。

     

    ツキが無い。

    こんな状態のときはギャンブル場に行ってはいけない。

    金は面白いように吸い取られる。

     

    ー でも、ツキはいつか変わる −

     

    運はいつか変わる。

    僕の経験から言えば、突然変わるんじゃなくて、何かサイ

    ンみたいなものが、少し現れる。

     

    ギャンブルやってる人はそこを見逃さない。

    そこを見逃すなら、ギャンブルやる意味は全くない。

    無責任だけど、そう云うものだ。

     

    運を変えるなら、今までやったことのないことをやるのが

    一番いい。

    パッと目先を変える。

     

    運の神様をまごつかせる。

    石破さんも、岸田さんも、そうしたほうがいい。

    悪人なら善人に、善人なら悪人に、変えてみる。

     

    自分を変えるのはタダで出来る。

    これですよこれ。

    積極性ですよ。

    待ってても何も来ないから。

     

    だいたい、神様と女は目先を変えると上手く行く。

    そんなもんでしょう。

    いつまでも同じではね、芸がない。

    そう思いませんか?

    まあ、無責任に云ってますけど。

    世の中、それでウマくいけば良いんじゃないの。

    ハイ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:58 | comments(0) | - | - | - |