RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ツキを変えようぜ! | main | 母の背中に梅雨の雨 >>
悪人は都会の女が好き
0

    7月13日    曇り    起床8時

     

    朝食    野菜の焼うどん

     

    一昨日より、訳詞作業を始めた。

    これがとんでもなく難しい。

     

    原曲の譜割りに合わせ、なお且つ、意味の通る言葉を探

    すとなると、大海で指輪を見つけるに等しい作業だ。

     

    かと云って意訳すれば、リズム割りは無茶苦茶になる。

    昨日は疲労困憊し作業をしなかった。

    でも頭の中のパズルは続く。色んな言葉を吟味し歌ってみ

    たり。血液型A型はしつこい。

     

    ー 東京差別? −

     

    これがどれくらいなものか、東京人は理解していない。

    今朝も志らくが「差別すんなら、そんなトコには行ってあ

    げない」と、偉そうに云ったが。

     

    地方は、喉から手が出るほど東京の客に来て欲しい。

    来て欲しいが、コロナをうつされるのは嫌な訳で。

    結果「東京はいらない」となる。

     

    ー ついでに東京解体と思うけどね −

     

    「東京にいれば、自分の優越意識は満たされる」

    そう思って東京に出た田舎者は800万人はいる。

    そんなにいないか?

     

    まあ、美的感覚と云うか、芸術的センスと云うか、いかに

    も都会的と云うものに、田舎者は憧れる訳で。

     

    「俺は都会派だから、悪いけどお前らとは違う」

    見栄を張るのは、田舎者の大いなる特徴。

    東京や神奈川の人間はそんなことしない。

     

    元から都会に住む人は他人に関心がない。

    何しろ人口が多過ぎる。

    そんな中で育つと、あほらしくて誰も見栄を張らない。

     

    都会の女の子は「小さな幸せ」を見つけようとする。

    現実的だし、民主的だし、貧乏を怖がらない。

    素直な子が圧倒的に多い。

     

    ー 都会の女は、けな気 −

     

    田舎者の僕なんかから見ると、可愛く感じる。

    敢えて云えばだけど、田舎の女は腹の中で思ってることを

    外に出さない。あまりに人の少ないとこで育つと、内向き

    になり、思ってることを云わなくなる。

    僕は断然、都会の女の子の方が好き。

     

    なんか、また敵を増やしてしまったなー。

    ウヒヒヒ。

     

    東京は解体し、分散すればいい。

    田舎には東京人が必要だし、東京人はそもそも田舎に憧れ

    てる。

     

    ー もう、川崎に戻れない −

     

    心臓が悪いので歩くのがしんどい。

    僕はもう、旧東海道を歩いて堀の内を抜け、川崎競馬場に

    行く黄金のコースを辿れない。

     

    いや、電車に乗るのさえおぼつかないだろう。

    自転車に乗る暮らしに、ズッポしハマっている。

    多分、歳を取れば取るほど、都会暮らしは難しい。

     

    ー そんな訳で、訳詞作業は続ける −

     

    脳味噌の為にも訳詞は続ける。

    デッドの曲から始めたが。

    リンディス・ファーンの楽曲も日本語で歌いたい。

     

    オリジナルに繋がる素敵なコード進行も、いくつか見つけ

    た。ロック(歌の主人公は必ず悪人)は守る。ロックのな

    い日本に魅力はない。

     

    ポップス(歌の主人公は必ず善人)なんてのは、エセ善人

    に任せておけばいい。僕は僕の道を行く。

    「悪人の歌」三部作を作ろう。

    「悪」こそがこの国を救う。

    それぐらいの寛容さと云うか、余裕がないとね。

     

    善人は滅多にいない。

    エセ善人で日本は溢れている。

    けっこう増えて来たのが悪人。

    考えるまでもない。

    実はほとんどの人間は悪人。
    そうでしょう、そうですよね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:05 | comments(0) | - | - | - |