RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 母の背中に梅雨の雨 | main | 30歳で独身はキツイ >>
マザーズ・ヘルパー、密かなる愉しみ
0

    7月16日    晴れ    起床4時

     

    夕食      セブンイレブンのおにぎり2個

            コロッケ一個

            焼き鳥一本

            綾鷹一本

     

    本日、叔父の葬儀は無事終了。

    骨を拾い、斎場を出て家に帰り少し眠った。

    午後4時半、目覚めてすぐマッツへ。

    今晩はバンド練習。これは休めない。

     

    13日の月曜日。

    この日の朝叔父は亡くなったんだけど。

     

    母に呼ばれて茶の間に行くと、母が腕をおさえていた。

    「ムカデに噛まれたみたいや」

    母は憎々しげに云った。

     

    なんとムカデは母を噛み、あろうことか母の髪の毛の中

    へ逃げたらしい。

    「しばらくすると、髪の中に何かがおるのに気付いたん

     や、そしたらおったんや、デカいのが」

     

    「この机の下におる!」

    食卓用の低い机の周りを、僕は新聞紙を丸めながら回った

    。行き場を失くした巨大ムカデはついに、僕の足めがけて

    机の下から突進してきた。


    あまりのデカサとその速さに、意識が飛びそうになった。

    でも相手はたかがムカデだと思いなおし、僕は彼に100

    キロ超級キックをお見舞いした。

     

    「どうだ!ぼけなす、イチコロやろが!」

    ところがなんと、彼は100キロ超級のキックに堪えた。

    彼は足を振り降ろした僕に向かって、再び突進し出した。

     

    僕は完全にビビった。視界がブレ斜めになった。

    「こいつは化け物だ!」

    僕は恐怖で後ずさりし、冷蔵庫に背中を打ちつけて転んだ。

     

    「そうだ!新聞だ」

    尻もちをついた態勢で、クネクネしてるヤツを10数回ブッ

    叩いた。慌てまくってるので急所に当たらないのか、奴は

    死なない。

     

    「新聞は駄目や!スリッパで殴らんと死なん!」

    母の声が飛んだ。

    僕はスリッパを脱ぎ、床を無茶苦茶叩いた。

    化け物はようやく動かなくなった。

     

    「安心したら駄目やぞ!まだ生きとる!」

    箸でつつくと、くねりと動いた。

    「ほーら、生きとる!」

     

    母はついに、ムカデを細切れに切り刻んだ。

    そして微笑んで一言云った。

    「ご苦労さん」

     

    なんか、女の人は虫に対し特別な感情を持っている。

    母は以前にも、髪の毛の中にムカデがいて大騒ぎした。

    一年に、何匹もデカイいムカデを殺している。

    ムカデを殺すことに、異常な執念を燃やすように思う

    んだけど。

     

    翌14日。

    母はヤモリを殺した。

     

    母は枕元に、瞬時に虫を凍らせる噴射機を置いた。

    まあ、母の隠れた楽しみにアレコレ云うつもりはない。

     

    母は元気になった。

    ひょっとしたら、虫たちやヤモリのお陰かも知れない。

    彼らはマザーズ・リトル・ヘルパー。

    金の掛からない麻薬。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:03 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2020/07/19 7:53 AM |