RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< マザーズ・ヘルパー、密かなる愉しみ | main | ファザー&サン >>
30歳で独身はキツイ
0

    7月20日   曇り   起床6時半

     

    昼食   病院の売店のおにぎり2個

         豚しゃぶ・サラダ

         お茶

     

    母に付き添って市民病院へ。

    輸血完了までには2時間は要する。

    売店でおにぎりとスポニチを購入。

     

    ー 三浦春馬さん −

     

    数年前、小松駅前「うらら」で彼のコンサートがあった。

    コンサートが終わっても、客はほとんど帰らなかった。

    数百人の女の子が、裏口の金網に鈴なりになり、彼が出

    てくるのを待った。

     

    「ハルマー!」「きゃー!こっちよ!ハルマー」

     

    三浦半島に春が来ると、僕は海タナゴを釣りによく出掛け

    た。三浦春馬は良い名前だ。目出度い名前だ。

    でも、名前の通りには行かなかった。

     

    ー 思いつめない様に −

     

    「俳優も歌手も、金を稼ぐ手段だ」

    そんなストイックなら良かったのに。

    真剣に俳優業を全うしようとのストイックはつらい。

     

    女はおらず、母親と上手く行かずで、30歳はキツイ。

    せめて都会で暮らすんなら、女か嫁さんはいないとね。

    自由業なら、なおさら。

     

    ー 幸せの瞬間 −

     

    俳優とか、歌手とかだけじゃなく、サラリーマンも同じ。

    すべて、他人の評価で成り立つ。

    これはしんどい。

    しんどいけど、ここから逃げたら喰えない。

     

    ならば、せめて自分自身で判断できる「何か」を持ってな

    いと。「俺は幸せだなー」と思える「何か」を。

     

    ー 楽しみが一杯 −

     

    例えばギャンブルに凝ってみるとか。

    結果としてギャンブルは金を賭けるけど。

    負けたり勝ったりするけど。

    そんなものはギャンブルの一部だから。

     

    「明日は川崎競馬場に行ける」

    そう思うだけで僕は幸せだった。

    競馬新聞ケイシュウの「川崎開催」の文字を見るだけで幸

    せだった。

     

    JR川崎駅から競馬場に至る道筋のすべてが、幸せに繋がっ

    ていた。他のことは全て忘れた。競馬以外のことは頭に昇

    らない。負けたことも頭にはない。もう、うれしくて、わ

    くわくして、ハッピーでしようがなかった。

     

    ひと言で云えば、馬鹿なんだけど。

    でも、幸せなら、馬鹿でもいいジャン!

     

    60歳を超えたら、競馬か競輪かボートにハマった方が良

    い。そう思います。女に狂うのが一番良くない。

    得るものが少ない、と云うか、全てを失くすかも。

     

    もし骨董に凝ったとして、骨董に意思があったら、あなた

    どうします?もしですけど。

     

    無茶苦茶になりまっせ。

    ヘタしたら死にたくなる。

    だから、女はパスです。

     

    ー 僕にはよう分からん −

     

    「えびすや」にいると分かるけど。

    男達は家庭菜園が好きですね。

    「スイカの間引き方」「茄子の育て方」「きゅうりの・・

    ・」まあ、明け暮れそんな話をしてる。

     

    僕には向かない。

    どこにも「悪」がない。「背徳」がない。

    これじゃあ、面白味に欠ける。

     

    「小田原で儲けた80万を弥彦で失くしてしもうた」

    そう云いながら、にやにや「ブリカマ」喰ってるHさんの

    方が楽しそうだ。

     

    「ベロベロんなってもエエ女やったらキスするわい、当た

     り前やがな」

    何が当たり前かよう分からんけど、現役ですねー。

    70超えてもヤサグレてる。

     

    何を云おうとしてたのか忘れた。

    幸せの種は一杯あった方がいい。

    自殺はアカン。そっちに向いたら駄目や。

    まわりが悲しむのは良くない。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:56 | comments(0) | - | - | - |