RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ファザー&サン | main | コロナの次はドント行こうぜ! >>
マイ・ハックルベリー・フィン
0

    7月23日   曇り   起床6時半

     

    朝食   すき焼き

         ナスのぬかずけ

         玉子巻き

         ご飯

     

    朝起きて、すぐに「すき焼き」を作る。

    春菊とカロリーの低い糸コンを腹一杯喰いたい。

    割り下をサッと作り、材料を放り込み、最後表面に春菊

    を敷き詰める。

     

    ものの数分で煮上がる。

    朝っぱらからすき焼き作って喰ってるのは、僕だけか。

    面倒くさいので、生卵を糸コンの上にかけて、ズルズル吸

    う。ご飯は一善。

     

    ー 朝食の敵 −

     

    テレビで立憲民主の安住がしゃべってる。

     

    「ゴートゥは人災だ!もし感染者が増えたら政治問題だ

     ぞ!」

     

    ゴミみたいな男だ。いや、みたいではなく、ゴミだ。

     

    観光業者は生き死にが掛かってる。

    政府とて背に腹は代えられず、キャンペーンを前倒しした。

    「時期が悪い」もクソもない。やらなければ死ぬ人が出る。

     

    気分が悪くなりチャンネルを変える。

     

    今度は朝日の玉川茶坊主がわめいた。

    「第2波だと何故マスメディアは云わないのか」

    羽鳥君はうんざりした顔をする。

     

    「第2波だと云うと、具合が悪いから政府は云わない。

     でも、マスメディアは2波と云った方がいい!」

     

    「医療関係者が云えば、メディアも政府も2波と云えま

     すけどね」

     

    羽鳥君はやんわり収めようとした。

    茶坊主はいきり立った。

     

    「最近の医療関係者は、政治的だからね!」

     

    お前は本物のアホや。

    どうでも良いことやないか。

    こう云う男を小松では「ボカス」と呼ぶ。

    或いは「晩飯にカモリ喰わすぞ!ボカス」と。

     

    注ーカモリは冬瓜に似たウリ科の植物

     

    朝飯を無事に喰わせろ!

    いちいち頭に来てたら心臓がもたんわ。

    母は云う。

    「テレビ朝日なんて見んとけばいいがや」

    まあ、そうなんだけど。

     

    ー 昨日のプライムニュースを観て −

     

    ムンジェインはとどのつまり、中国共産党支持者であり

    、朝鮮戦争での韓国の敵、北朝鮮軍を正義と認める男に

    他ならない。

     

    こんな人間が何故大勢生まれたかを、番組で知ることが

    出来た。それは「歴史の書き換え」、所謂「歴史の修正」

    が、国の体制を変える一番の近道だと知る者たちにより、

    1986年からおこなわれた。

     

    或るグループが歴史を書き換えた。

    民族にとり、有利な歴史に修正した。

     

    ムンが書き換えたいのは次の通り。

     

    「韓国は日本の植民地になる前に、1919年に上海に

     置いて独立宣言を出した」

     

    「よって日本の植民地化は、韓国独立を妨げるものであ

     り、日本に協力した親日派は、今こそ断罪されるべき

     だ」

     

    ヘソが茶を沸かしそうだが、この説を流布した集団があり

    、韓国左派はこれを信じ切った。

     

    「日本による併合」を死んでも認めない。

    日本統治下の教育を受けた者たちが成した韓国独立を、絶

    対に受け入れない、根性の曲がった者達。

     

    ー でも、もしかして、日本人が信じてる歴史も −

     

    明治維新から東京裁判に至る歴史は、何度でも考察される

    だろう。

     日清日露戦、満州事変、真珠湾攻撃、インパール作戦、

     東条英機、近衛総理大臣、山本五十六。

     

    僕等は何も分かっていない。

    知っていない。

     

    自分の中に歴史を持たないものが、政治に参加してはいけな

    い。歴史の解釈ひとつで、未来は大きく違ってくる。

     

    絶えず学び、絶えず考え、先人の思いを我がものとしなけれ

    ば、絵も音楽も演劇も、すべて唯の創作物として、ビジネス

    の波に漂い、忘れさられる。

     

    ロックはそうなってはいけない。

    20世紀最大の芸術は決して映画ではない。

    20世紀が生んだ未来への遺産は、ロックだ。

     

    ビートルズは神だ。

    音楽を僕らの血と肉とした。

    ガキが自室にステレオを持つなんて、これ以上素敵なことが、

    この世にあるだろうか。

     

    このへんにしとこう。

    妙な奴と思われる。

    へんてこりんな宗教者と思われる。

     

    ロックはどこでも出来る。

    都会でも、田舎でも、海辺でも、山の頂上でも。

    若くても、歳喰っても、男でも、女でも、オカマでも。

    なんせ小松で出来るんだから素晴らしい。

    そのことを忘れたらアカン。

    俺たちは遅れて現われた、ハックルベリー・フィンだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:56 | comments(0) | - | - | - |