RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< マイ・ハックルベリー・フィン | main | 6枚の高級シャツ >>
コロナの次はドント行こうぜ!
0

    7月27日   曇り    起床6時半

     

    朝食   豚ロース・ソテー

         レタスサラダ

         じゃがいもと玉ねぎの味噌汁

         玉子巻き     

         ご飯

     

    ー 土日は家で過ごす −

     

    家では三食とも僕が料理を作る。

    飯を喰い終わるとホッとする。

    ホッとすると眠くなるので、すぐ自転車でスーパーへ

    行き、次の食事の材料を買う。

     

    それからソファーで本を読み始める。

    昼下がりの情事ならいいが、昼下がりのミステリね。

    買い置きしてあるアガサの作品をまずは読む。

     

    アガサなら一日で一冊は読める。

    土曜日は「メソポタミヤ殺人事件」、日曜日は「杉の棺」

    を読んだ。

     

    ー コロナでGO! −

     

    今朝、TBSかテレビ朝日で、毎日新聞の堤とか云う男が

     

    「ニューヨーク州では感染が減ってきています。日本

     はニューヨーク州を参考にすべきです」

    なんて云って、感染者の推移をグラフで見せた。

     

    グラフで見る限り、或る時点からガクンと減っている。

    でも、よく見ると昨日の感染者数は750名。

    東京の3倍。

     

    だからさ、これでも医療崩壊起こさないニューヨーク州は

    凄いんであって、連日300人足らずで医療崩壊起きると騒

    ぐ日本はどうなってんのかね。

     

    ほんと不思議なのは、町医者や私立の病院は、コロナに全

    く関与しない事。不思議だよなー。

    「官民一体になって」なんて云うけど、市立病院や県立病

    院だけがコロナにまみれている訳で。

    こないだ行った町医者は、誰の体温も計らなかった。

     

    なんかさ、韓国とか、米国とか、日本とシステム違うんじ

    ゃないの? そのことに、誰も触れないのも気持ち悪いけ

    どね。

     

    故山崎豊子さんに訊きたい。

     

    ー「白い巨塔」以来、日本の医療現場は何か変わりました

      か? 大学病院を中心としたシステムに、変更はあっ

      たんですか? −

     

    ー 残念だけど −

     

    東京都知事の小池さん。これがガンだろうな。

    平時なら彼女でもいいけど、緊急時は無理だ。

     

    前回の都知事選出馬のマニフェスト。

     

    「満員電車を解消します」

    「築地にフードピアを造ります」

    「スギ花粉をなくします」

     

    全部で7つのマニュフェストがあったらしい。

    それらすべてが実現していないと云うか、手もつけてい

    ない。石原元知事と比べれば、天と地ほど違う。

    こんな人に歴代2位の票が入ったんだから。

     

    彼女は「何も出来ない」知事なのは、もうすでに証明され

    てる。豊洲の水が汚いとか、漏れてるとか騒いだ共産党は

    ほうかぶりしてるが、まあ、共産党は最初は騒ぐけど、知

    らぬ間に消えてゆく特技を持ってる訳で。

     

    小池百合子も全く同じ。知らんぷりするのが得意。

    アイデアとか、新しい発想には縁がない人だと思う。

    こんな人を支持した東京都民は罪が深い。

     

    ー 小池百合子が日本の息の根を止めるか −

     

    そうならないように祈るしかない。

    正義のフリして騒ぐけど、それだけなのは実証されて

    いる。せめて旦那さんがいれば良かったけどなー。

    彼女は多分、世間のことは何も知らない。

     

    ー 人のことは置いといて、ポスト・コロナ −

     

    いつかコロナは消える。

    でも、かなりの部分が破壊され、元には戻らない。

    ひとつのことに集中する時代が来るかもしれない。

    そんな気がする。

     

    何を願い、何を実現する為に生きるのか。

    その方向に行くだろう。

    もう、無駄だと思うことは、誰もしなくなる。

     

    「もっと自分を大事にしよう」

     

    誰もがそう思うはずだ。

    自分だけではなく、家族も、友人も、敢えて云えばこの

    国も。

     

    この国はもっともっと栄えればいい。

    その為に、自分自身も大いに貢献したい。

     

    執事とメイドと料理人を雇える暮らし。

    かっての英国のような。

    庭師と門番がいて美しい妻がいる。

    その美しさたるや、村中の男たちを虜にする。

    良いと思いませんか?

    アガサの読み過ぎですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:20 | comments(0) | - | - | - |