RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< コロナの次はドント行こうぜ! | main | みんなで死ぬなら怖くない >>
6枚の高級シャツ
0

    7月28日    曇り    起床6時半

     

    朝食    玄米厚切りトースト

          目玉焼き

          きゅうりマヨ

          牛乳

     

    「きゅうり・マヨ」と書くとき、必ず「ネット・ウヨ」

    と云う言葉が浮かぶ。ウヒヒヒ。

    ところで「ネット・サヨ」っているのかな?

     

    まあ、いるんだろうね。

    世の中「サヨ」だらけだし。

    知識層は「サヨ」じゃなきゃ喰えないしね。

     

    正義ずらしたり、「俺は男女差別はしない!」なんてアホ

    かましたり、「サヨ」は窮屈やなー。

     

    米国政府は中国共産党をボロクソ云い始めた。

    どっかで戦争する気かなと思うほどだ。

    今のとこ、メインアクターはポンペイオだけど。

    「最終戦争」は近いのかも。

     

    コロナで14万人死んでも米国は平気やから。

    中国は怖いんじゃないかな。

    相手は「命知らず」や。

     

    中国にビビりまくってる日本が、トランプの悪口云えるん

    かね? 「サヨちゃんたち」は、正義だの平和だの、念仏

    唱えて来たけど。何ともなー。

     

    「アベノマスク」は用無しや云うんなら、この国の安全保

    障をビシッとしてくれや。どうでもいいことばかりに血道

    を上げて、肝心の話は棚の上。

     

    カッコ悪いぜ!枝野さん。

    田原総一郎に褒められたら、終わりや!

    ゾンビまっしぐらやもん、田原さんは。

     

    立憲の党首なんて、そんな人生送りたかった訳やないやろ

    が。いつの間にか、高校の学級委員長みたいな顔になって

    しもたなー。おさなーい顔に。

     

    まあ、人の顔をどうのこうの云える顔やないけど。

    心配しとるんや。(嘘です)

     

    ー 昨日は金沢 −

     

    昨日は教室(ロック入門)があり電車で金沢へ。

    金沢大和のデパ地下に直行し、世話になってる人に「お

    中元」を送った。

     

    その足で5階の紳士服売り場へ。

    「キングサイズ・コーナー閉鎖」を知らせるはがきが

    来たので覗いた。7月一杯で店は閉じる。

     

    レナウンの倒産騒ぎが原因。

    「インターメッツォー」と「ダーバン」はレナウンが母

    体。

     

    いつもの店員は休みとかで、可愛い女の店員が相手してく

    れた。

    「7割引きですからね」

    なんとも可愛いこと云うてくれる。

    「ほんなら、一杯買わんとな」

    「はい、買ってください」

     

    ほとんどの商品は7割引きどころか、8割5分引き。

    1万7千円のシャツが、2千9百円で売ってる。

    こうなったら、半袖だろうが長袖だろうが関係ない。

    サイズの合うシャツは全部買った。

     

     白の高級シャツ 2枚

     ストライブの高級シャツ 2枚

     高級アロハ・シャツ  1枚

     高級ポロ・シャツ 1枚

     

    全部に「高級」を付けたけど、ウヒヒ、気持分かってね。

    いやー、バリバリやから。

    これで当分は買い物しなくていい。

    ストレスは霧散したなー。

     

    ー 帰りの電車の中で −

     

    教室を終えバスで金沢駅へ。

    電車の席でアイスコーヒーを飲んだ。

     

    大昔、元住吉に安売り店が出来た。

    行ってみるとビックリするほど安かった。

    僕はデニムのハーフコートとメンパンを買った。

     

    その頃から、ちらほらと、男物の安売り店が出て来た。

    それまでは、イトヨーカ堂とか、ユニーで服を買った。

    何とも言えないダサい服だったが、男物はそんなもの

    しかなく、おまけに値段は高かった。

     

    男物は見捨てられていた。

     

    そしてついに、「ユニクロ」が登場した。

    「ユニクロ」はそれまでの価格を破壊した。

    革命だった。

     

    過ぎ行く街灯りを見ながら、思い出していた。

    「そう云えば、あのデニムのハーフ・コートまだ持って

     るなー」

     

    手取川を渡り、梯川を渡り、電車は小松に着いた。

    僕はいそいそと改札を通った。

    6枚のシャツを母に見せたかった。

    母は喜ぶと思った。

    息子はようやくマトモになったと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:15 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2020/07/31 9:53 PM |