RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 6枚の高級シャツ | main | コロナにやられるか、ニッポン! >>
みんなで死ぬなら怖くない
0

    7月30日   晴れ    起床5時半

     

    朝食    鳥・胸肉ソテー&野菜のトマト煮

          ナスの漬物

          ご飯

     

    ー 昨日観たニュース

     

    「北朝鮮の不審船に乗り込め!」

    海上自衛隊だったか保安庁だったか、20数年前の北の

    麻薬船事件。そんな命令を受けたと、昨日のニュース番

    組で、当時の様子を語る人がいた。

     

    「防弾チョッキなんかないですからね、少年マガジンを

     身体に巻き付けたんです」

    隊員らは臨検の訓練を受けていない。

    全員暗い顔になったらしい。

     

    「少年マガジンですからね、可笑しいはずなのに誰も笑

     わない。29名全員、最後は死ぬ覚悟をしました。そう

     したらですね、気持が明るくなったんですよ、覚悟決

     めたら、急に」

     

    「特攻に出た人達もそうだったんじゃないかと、その時

     思いましたね。死ぬ覚悟を決めると、気持ちは明るく

     なる」

     

    朝日の「天声人語」書いてるボンクラに聞かせたかった。

     

    或る年の8月15日「天声人語」で、特攻隊員が、特攻

    したくないと駄々をこねたとか、操縦席で小便ちびった

    とか、実際は憐れなものだったと、ボンクラは書いた。

     

    これは許せない。

    終戦記念日に書くことじゃない。

    朝日の底意地の悪さと、頭の軽さを、僕は忘れない。

     

    ー 実は僕も腹に雑誌を巻いたことがある −

     

    30代、或る事件に巻き込まれ、相手の事務所に行かなけ

    ればならなくなった。あとから思えば大したことはなかっ

    たんだけど、その時は刺される覚悟をした。

     

    「さらし」の代わりに、妻は僕の腹にオシメを巻いた。

    流石に、二人で笑ったが。

    その時、雑誌を入れといた方が良いと云われ、体の前と後

    ろに週刊誌をキツク巻いた。

     

    幸い今も生きてる訳で。

    あの時、僕はビビってたけど、妻は淡々とオシメを巻いた。

    いざとなると女は強いぞー。

     

    ー 思うに −

     

    テロとか感染に日本は弱い。

    テロに対しては、オリンピック開催が役立つはずだった

    が、開かれるかどうか、分からなくなった。

     

    「いつか自分もきっと感染する」

    ここは一番、そう思えばいい!

    そうすれば、多少気持ちは明るくなる。

     

    僕の場合は心臓が悪いので、死ぬかもしれない。

    だからと云って、逃げ回るのもね。

    用心しても感染する、間違いなく。

     

    経済活動を止める必要はない。

    米国は14万人がコロナで亡くなった。

    誰の罪でもない。

     

    70近くまで生きたら充分。

    思い残すことないでしょうが。

    「みんなで死ねばしあわせ」

    日本人ですから、ひとりは寂しい。

    なんて、贅沢ですか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:49 | comments(0) | - | - | - |