RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 帰ってらっしゃいな、カントリーに。 | main | 生きてる者の務め >>
阪神大山君、ロックンロールです!
0

    8月6日   晴れ   起床6時半

     

    朝食     オジヤ

           ナスのヌカズケ

           

    いよいよ暑い夏がやって来た。

    「しまむら」で、ペラペラの夏用アジア風パンツを

    2本、T−シャツを3枚買った。

     

    歳を取ったせいか、半ズボンだと寒い時がある。

    まあ、室内にいるとだけど。

    半袖シャツも同じで、長袖が欲しくなる時もある。

     

    汗をかく時期になると、風呂嫌いの僕でも、毎朝シャワー

    を浴びる。髭を剃り、ついでに頭も剃る。

     

    朝シャワーに入っておくと、夜まで体はホカホカする。

    まあ、そんな気がするんだけど。

     

    ー プロ野球テレビ観戦 −

     

    普段、べったり観ることはないが、昨日の阪神ー巨人は最

    後まで観た。藤浪が投げていたからだ。

     

    僕は阪神ファンじゃないし阪神のことはあまり知らない。

    でも何故か、藤浪は気に掛かる。あの顔が好きなのかもし

    れない。

     

    昨日は、巨人投手戸郷の打った高いバウンドを、藤浪が

    エラーし、そこから3失点した。

    僕は巨人ファンだけど、「藤浪が打たれてしもた!」な

    んて、どっちを応援してるのか分からなくなった。

     

    8回は阪神が一点入れ、なお満塁で打者は4番大山。

    ここでホームランが出れば、8回まで投げた藤浪が勝ち投

    手になる。

     

    大山は火の出るような当たりが戻っていた。

    巨人ファンからしたら、エライ場面だ。

    まあ、何と云うか、元エースを復活させる絶好の機会を大

    山は迎えた訳で、観てる方は、劇的なドラマを期待した。

     

    然るに大山は、中途半端なバッティングで、凡打に終わっ

    た。ここにして僕は、阪神ファンでなくて良かったと切に

    思った。

     

    4番打者が、引っ張るでも、流すでもなく、ただ来た球を

    普通に振るでは、ファンはやるせないと云うか、収まらな

    いというか、僕なら怒り狂う。

     

    僕は去年、初球を振りまくり、ダブルプレーの山を築いた

    巨人の4番岡本を、このブログで批判した。

    「お前には初球から行けるほどの技術はない」

    僕はそう思っていたが、岡本の思い切りの良さは今年開花

    し、彼は押しも押されもしない巨人の4番打者となった。

     

    大山のスイングは岡本と比べてもひけは取らない。

    もの凄い当たりを飛ばす。

    4番打者は「引っ張って」ナンボだ。

    昨日の場面、空振り三振しても良いから思い切りバットを

    振って欲しかった。

     

    僕は大山の、決して整ってはいないあの顔が好きなのかも

    。藤浪は人気選手だ。女は知らないが、男の目から見ても

    可愛い。ふてくされたような目が、とてもいい。

     

    ー ロックバンドにとっての「引っ張り」は? −

     

    もちろん、ロックンロール!

    カントリーも、ソウルも、レゲエも、ロックンロールには
    敵わない。

     

    ビートルズ然り、ストーンズ然り、フー然り。

     

    ロックンロールをやらないバンドは、当たり前だけどロッ

    クバンドじゃない。

    ロックンロールは、ハマった時の破壊力がもの凄い。

    サザンの「勝手にシンドバッド」は、ラテンを強調した大

    ロックン・ロールであることに、異議を挟む人はいない。

     

    基本は「引っ張り」だ。

    大山君、よろしく!

     

    かと言って引っ張ってばかりじゃ芸が無い。

    そこんとこがムズカシイ。

    絶妙な「流し打ち」も必要。

     

    言葉による破壊、文学による破壊。造形による破壊、

    演劇による破壊。

     

    それより、音楽による破壊は圧倒的だ。

    それが分からないなら仕方ない。

    せっかく21世紀まで生きたのにね。

    気持良く壊れないと新しいアイデアは出てこない。

    偉大なり、ロックンローーーール!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:35 | comments(1) | - | - | - |
    始めまして!今でもワンステップフェスティバルの めんたんぴんのライブ聞いてます。いつ聞いても、カッコいいな! やはりロックは、カッコ良くないとね、大山も、カッコいい!ロック万歳 忠平さんの8つ下の デッド好きな、男より&#8252;&#65039;
    | 三谷 司 | 2020/08/06 12:47 PM |