RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 米国人の心の広さ | main | 69歳、裁きを終えた男 >>
枝野よ!浮かれるなよ。
0

    10月29日    晴れ    起床5時半

     

    朝食    チャーハン

          ハム・ソテー

          ポテトサラダ

     

    今朝6時33分。

    茶の間で朝飯を喰っていると、母親が起きて来た。

    今しがた自室の窓を開けると、「ウガー」と動物の唸

    り声がしたと云う。

     

    すぐにお隣のHさん宅に電話したが、誰も出ない。

    Hさんご夫婦は退職後、熱心に畑をやっておられる。

    Hさんに何かあったら大ごとだ。

     

    僕は心配で6時35分に警察に電話した。

    警察はわかりましたと云ったが、見回りに来ない。

    20分後、僕は再び電話した。

     

    「今そっちに向かってます」

     

    これ以降、何時間待っても警察は来なかった。

     

    頭にきてピストル買おうかと思った。

    自分の身は自分で守るしかない。

    それにしても無責任だなー。

     

    マッツに出社してから、市役所の熊係に連絡。

    あちこちに出没するのですみませんとのことだった。

     

     − 米国は100年前と同じかも −

     

    僕が思ったように、米国の極左集団は共産主義者と無政府

    主義者が連帯し、警察の消滅と刑務所の開放を叫んでいる

    。彼らは本物のアホだから質が悪い。

     

     − 白人至上主義の方がいくらか増しに思える −

     

    「警察無くせ!」「刑務所潰せ!」

    暴動起こし、略奪やってるやつらの方が数段怖い。

    米国民は武装して立ち向かうから、相当の人間が死ぬ。

     

    だいたいが、撃ち合って死んでも、双方ともに正当防衛で

    事件にならない。市街戦になれば、何人殺しても罪を問う

    ことは出来ない。大都市は無茶苦茶になる。

     

    トランプになろうがバイデンになろうが僕には関係ない。

    無茶苦茶になろうが、機能停止になろうが、すべて米国の

    問題。でも、米国が混乱すれば、中国が世界をコントロー

    ルし始める。

     

      − 都会から地方へ???? −

     

    菅首相の演説の中に、「都会から地方へ」と云うモンモン

    があった。これには地方人として大いに抵抗を感じる。

    こんなバカなことを云うのは、日本人だけだ。

     

    都会が優秀で、地方が馬鹿とでも云うのかね。

    チャック・ベリーの「ロール・オーバー・ベイトーベン」

    の中にこんな歌詞がある。

     

     「俺はリクエストのメールを書きまくったぜ!

      俺のローカルD・Jに」

     

    「マイ・ローカル・D・J」

    このローカルを「地方」とは訳さないだろう。

    「親しさ」や「近くの」と云う意味が含まれている。

     

    なんでそこに、都会で用なしになった人間が入って来るん

    かね。その地方の出身者ならいいけど、能力があるからと

    云う理由で、地方に来られたら、たまらんぞ。

     

    地方が駄目になったのは、何もしない馬鹿ばっかりになっ

    たからだ。現場で働いている人じゃなく、県のトップ、市

    のトップ、役人のトップの責任が大きい。

     

    彼らは彼らなりの言い分があるだろうが。

    してもしなくても良いようなことしかしない。

    そもそも、首相制なんてとってる遅れた民主主義体制下で

    、ダイナミックなことなど出来ない。

     

     − ハンコが問題ではなく、遅さが問題だろう −

     

    改革など、中央政治はやったことはない。

    常に役人に骨抜きにされる。

    古臭くてヘドが出そうな法律が山ほどある。

    金にならない法改正は誰も手をつけない。

     

      − そうなんだよね −

     

    市街戦が必要なのは、日本だろう。

    たかだか日本学術会議の問題で、立憲民主の枝野は小躍り

    して喜んだとか。こんな学者ごときの問題で、またも国会

    を空転させ、国民の税金をどぶに捨てるつもりだ。

     

    もう少し、米国を見習った方が良い。

    国会の場で立民がごちゃごちゃ云ったら、「うるさい!静

    かに聴け!このクソ税金泥棒野郎が!」これくらいかまし

    て欲しい。

     

    「中学校の生徒会長ズラするんじゃねーぞ、エダノ!」

    僕が代議士なら、これぐらいは朝飯前にかますけど。

    代議士は国民の代表だから、国民が思ってることはしっか

    り発言してくれ。

     

    問題になるならナレだ!

    そんなこと怯えるなら代議士はやめてくれ!

    国民の、有権者の、溜まりに溜まったウップンぐらい晴ら

    さんでどーする!

    頼むぞー!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:20 | comments(1) | - | - | - |
    本日10/30午後 御天守台では石組を含め全面草刈中でした 
    ご自宅の周辺を一周、柿・ミカン・ネギ畑等、不安要素は 
    ありますが、ヒトの足跡以外クマの痕跡は見当たりません 
    でした。梯川堤防の内外はきれいに草刈が済んでいます。 
    行政としてはクマの目撃・足跡・糞などがみつかれば対応 
    をとると思われます。引き続き御注意くださいませ。熊拝 
    | 本町T. | 2020/10/30 6:16 PM |