RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
ノミの金玉も二つ/「言うてしまえ」No.7
0
    「俺達は歌で戦争を止める、イェーイ! 星条旗にツバを吐く、イェーイ! 俺のトーキングブルースが世界の夜に流れる、イェーイ!」

    坊主頭のラッパーが叫ぶ。
    客もそれに「イェーイ!」と答える。
    そのライブハウスの客席で怒鳴る男がいる。
    「ボケー、そんな事が出来るか。 アホー、くだらん歌うたうなー。 こんなクソタレのバンド出すナー。 責任者出て来い」

    その男は、私である。
    辺りの客は全員、引いている。
    今夜も腹を立ててしまった。
    何度も何度も繰り返した夜、夜・・・。

    大抵のラッパーは本当にバカである。
    戦争反対とか、平和とか、愛とか、地球を守ろうとか。
    あまりに、当たり前の言葉が雨の様に降ってくる。
    戦争賛成とか、平和は良くないとか、愛なんていらないとか言う人間なぞ、一人もいないぞ。
    そんなに善人振って気持ちイイのか。
    そんな事は思考停止したフォーク野郎共に任せとけばいいんだ。
    ロッカーがそんなメッセージ垂れ流して恥ずかしく無いのか。
    もっとオモロイ事歌ってくれよ。
    「ノミの金玉はやはり二個有って、でかい金玉持ってるオスはメスを朝から晩まで追い掛けてる」とか。
    何かあるだろーが、オモロイ話が。

    東京中央線沿線ロックはもういい。
    昔からずーっとこうだ。
    そして、やれ自然食だ、環境だと言い出す。
    身体の中に「悪」があるだろーが。
    どーしよーもない悪があるだろーが。
    だから歌うんだろーが。
    自分の出鱈目さ加減を何とかしたいから曲を作るんだろーが。

    私は自分をバカだと思っているが、オメー達はもっとバカだ。
    情けない。
    弾が飛んで来ないところでは平気で戦争反対と言うくせに、北朝鮮のテポドンには何も言わない。
    アメリカの悪口を言う前に、北朝鮮をボロカスに言ってみろ。
    絶対にいえないだろー。
    怖いからな。
    日本には工作員がいっぱい居るからな。
    新宿か高円寺か下北で酒飲んで、ゲロでも吐いてろ。
    何も変わらない。
    昔からずっとこうだ。
    誰も言わないから、私が言うんだ。

    頼む。
    もっとオモロイ歌、歌ってくれや。
    | - | 16:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    三条のイノダでコーヒーを/「言うてしまえ」No.8
    0
      だんだん過激になって来た。
      言うだけ言えばこっちはすっきりするが、言われた方は頭に来る。
      でもまあ、これも若者達とのコミュニケイションと思ってくれや。
      こっちは年食って先が無いんや、許せ。

      前回にも書いたが、私は日本のフォーク野郎共は大嫌いだ。
      岡林や高田渡は大好きだったが、その後に出て来た拓郎とか、かぐや姫とか、陽水とかは全くダメだ。
      「神田川」は懐メロになって欲しくない。
      「あの頃は良かった・・・」
      そう歌うなら、今も神田川に住んで欲しい。
      石鹸鳴らして彼女と風呂へ行けば良い。
      最高じゃないか。
      田舎でトマト作ってるより、よっぽどロマンチックだ。
      何か彼等の歌はビンボー臭い。
      「四畳半に住みたくない」とハッキリ言えばいい。
      「ヒットが欲しい、金が欲しい、こんな暮らしなぞ本心では望んでいない」と言えばいいんだ。
      善人ぶっている。
      九州がそんなにイヤなところだったのか、と思ってしまう。
      あなた達は九州を捨てたのか。
      何故か妙に東京人になろうとする。
      田舎者は田舎者でいいじゃないか。

      青山や六本木で酒飲んで、本当に楽しい訳が無いだろう。
      何故そうも簡単に故郷を捨てられるのか。
      都会で一旗上げる事がそんなにカッコイイ事か。
      ビンボー臭せー。
      チープ過ぎる。
      ロックは違うぞ。
      皆、田舎者丸出しだ。
      それがカッコイイのだ。

      東京生まれはポップスが得意。
      田舎生まれはロックが得意。
      私はそう思っている。
      ポップスでもロックでもない日本のフォークが嫌いだ。
      何が「花の都大東京」だ。
      ちょっとおかしいんじゃないか。
      東京のバカヤローがどうしたとか、どうでもいいじゃないか。
      たかだか徳川時代からの歴史しか無いのだ、東京には。
      四百年位だ。
      昔は江戸村じゃないか。
      今は様々な情報があって、オモロイ人達が結構いる。
      ただそれだけだ。
      オモロイ事考えてそれを全国レベルに出来る、そういう街だ。
      そうだろ。

      私にとって「都」とは、京都の事だ。
      京都は未だに「日本の都」だ。
      金が無ければ、三条のイノダでコーヒーを飲むだけでもいい。
      これが京都だ。
      嗚呼、イノダに行きたいナー。

      渡さん、合掌。
      | - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      風は女なんだよ/「言うてしまえ」No.9
      0
        グレートフル・デッドのミッキー・ハートと1週間一緒に過ごした。
        25年前の事だが。

        ミッキーと私に共通したものがあった。
        柔道だ。
        ミッキーは三段、私は初段だった。
        私は小松高校の柔道部員だった。
        2年間柔道ばかりしていた。(私は体育会系である)

        ミッキーと講道館で乱取りをした。
        二人とも真剣になり、思わず背負い投げでミッキーを投げてしまった。
        「しまった」と思ったが仕方が無い。
        私は世界で一番好きなバンドのドラマーを投げてしまった。
        アメリカの三段より、日本の初段の方が強いのだ、ミッキー。

        私は彼を「ミッキー」と呼び、彼は私を「ショダーン」と呼ぶようになった。
        一緒に一口坂スタジオでレコーディングした。
        色んな事を教えてくれた。
        ドラムスのマイキング、コーラスの仕方、譜面の作り方、リズムの取り方・・・。

        エネルギッシュな男だった。
        毎朝ジョギングし、ビールを飲んでいた。
        煙草は吸わないが、葉巻を吸った。
        ピッグペンの事、ガルシアがTシャツを洗わず臭くなるとそのまま捨てる事、メンバーは固定されてない事、LSDは栄養剤だと思っている事等々。

        空いた日に、私は彼を伊豆に誘った。
        真夜中に東京を車で出た。
        途中、伊豆伊東で休憩した。
        伊東の港に強い風が吹いていた。

        彼はとても喜んで風に吹かれていた。
        風が好きなんだと言った。
        私は「なんで風が好きなの?」と聞いた。

        「風はね、女なんだよ。 僕はそう思っている。 風は何か伝えて来るんだ。 僕はよく風の声を聞く事がある」

        何か良く解らなかった。
        その当時、ミッキーは独身だった。
        過去に、思い出に残る女がいたかも知れない。
        失恋したのかも知れない。
        伊豆伊東の港の風に向かい、長い時間佇んでいた。
        私は煙草を吸っていた。
        「よし、元気が出た。 リフレッシュした。 さあレッツ・ゴー!」
        そう言って、彼は再び車に乗り込んだ。

        この年になって思う。
        風が女だったらとても素敵だ。
        私の身体を包み、まとわりつき、そして去って行く。
        また、或る時は、そっと背中を押してくれる。

        風は女なのだ。
        | - | 13:12 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
        ソロアルバム「日本競馬狂想曲」曲順/管理人
        0
          ソロアルバム曲順をアップします。
          ファンファーレや曲間の語りにもトラック・ナンバーを付けてます。

          01.ファンファーレ(巡礼ニイザナイシ神ノ御声)
          02.行け! 川崎帝王号
          03.寒い朝のパドック
          04.吉富隆安が叫ぶ!
          05.5-8一本
          06.年金じいさん
          07.ジュエルロバリー
          08.的場文男がいる
          09.フ・ミ・オ
          10.忘れえぬ人
          11.スイートホーム・カワサキ
          12.競馬場に行きましょう
          13.Country blues for me
          14.日本競馬狂想曲
          15.いざ海へ
          | - | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ファンファーレ(巡礼ニイザナイシ神ノ御声)/「言うてしまえ」No.10
          0
            いよいよ本命の話に入りたい。
            やっと完成した「日本競馬狂想曲」の事なのだが、私なりに解説を加えてみようと思う。
            「聴く前に読め」(と、岡林風に決めてみました)

            「ファンファーレ」は、美貌のトランペッター高辻美和様です。
            金沢「もっきりや」でコーヒーを飲んでる時、平賀様に紹介されました。
            私と同じ小松市出身。
            彼女はカウンターの中で微笑んでいます。
            よく見れば、えらい美人。
            ためらいも無くレコーディングに誘いました。

            「ファンファーレが欲しいんです。 お願いします。 ついでにコーラスも出来ませんか? 女の人のボイスが欲しいのです」


            「ああ、私で良ければいいですよ。 ファンファーレのフレーズは考えときます」

            やはり美人は違う、話が早い。
            後で聴けば、金沢大学出身、国立出は頭が違う。
            そして、チャンと吹いてくれました。
            これぞ 「神の御声」 私はそう思ってしまったのです。
            「男達よ、奮い立て!」
            私には、そう聞こえました。
            他の曲のコーラスも難なくこなし、「楽しかったです」と言葉も爽やかに帰って行かれました。

            美和様、あなたのような女性がいる限り、日本は大丈夫です。
            「酒が好き」との事、いつでもお供しまっせ!

            最初の曲は「行け! 川崎帝王号」。
            元「フライング・ドッグ・レーベル」の首領、ジャームッシュの 「ミステリー・トレイン」のプロデューサーでもある平田国二郎が私に付けたあだ名が「川崎帝王」なのです。
            中央競馬より公営贔屓(びいき) の私に皮肉を込めて付けた名前です。
            「わしはIQは高いけど、アホやで」のフレーズを連発する鬼才・国二郎。
            メンフィスでの撮影の時、ジムに「日本人は皆あなたの様にNoと言いまくるのか」と言わしめた男。
            世界中の映画監督と会い、映画を観まくり「やっぱ納得するのは、"ゆきゆきて、神軍" やな」と呟いた男。
            府中競馬場で、川崎競馬場で、山中温泉で、日本を語りロックを語った日々。
            仕事をせず、話すだけで日を過ごした。

            私達二人共、大バカ者なのです。
            底の抜けた、救いようの無いアホなのです。
            | - | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            行け! 川崎帝王号/「言うてしまえ」No.11
            0
              この曲は、あなたと私の曲です。
              何故か作詞は私の妻がしました。

              帝王号の父は、清水の次郎長号。
              鉄火場に臨む知恵は次郎長でなくてはならない。
              そして、思いがけない力がその血の中に潜んでいる。
              今の日本があるのも彼等のお陰です。
              昔の日本人はすごい。
              故に、未来の日本人もすごい。

              曲の最後にリフレインが入ります。
              「競馬場に行きたい、競馬場に行きたい」
              これしか無い。
              この想いが、たった一つのメッセージかも知れません。
              「競馬場に行きたい。 毎日」
              平田国二郎と私の想いは、これです。
              楽しい事など、他に有りますか。
              前の日は眠れない。
              そう、遠足に行く前日、あの気分が甦るのです。

              ドラムは高橋良。
              20才の一途なパワーを楽しんで下さい。
              曲のルーツはプレスリー。
              分かる人にはすぐにわかる。
              プレスリー、Z.Z.トップとくれば・・・ね、わかるでしょ。

              スティッキー・フィンガーズの一曲目の感じ。
              そっちのテーストも意識しました。
              | - | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              寒い朝のパドック/「言うてしまえ」No.12
              0
                全くの実話です。
                冬の日のパドックでの会話です。
                この会話を聞いてしまい、その日一日ニヤニヤしてしまった。
                私はアホが大好きです。

                もう一つ他に、ある予想屋の口上でもおかしいのがあります。

                  「この馬は強い! どれ位強いかって?! この馬が一着でゴールを切り、その騎手が風呂場でキンタマ洗ってる頃、二着の馬がゴールに入る。 それ位差が開く。 この馬は強いんだよ!!」

                これも笑ってしまった。
                光景を思わず想像してしまう。
                風呂場で体を洗っているところでは無く、キンタマ洗ってる頃という所が面白い。
                実にリアルだ。
                これを聞いたのが川崎競馬場だったので、よりピッタリ来た。
                中央競馬では絶対に味わえないモノの一つが、これだと思うけどナー。
                ちょっと違う何かが有る。
                世の中、明るくするってゆうのかナー。

                歌にするより「語り」にするしかなかった。
                | - | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                吉富隆安が叫ぶ!/「言うてしまえ」No.13
                0
                  吉富様のファンは、何故か学生風が多い。
                  皆、真面目に吉富様の話を聞く。
                  予想が連発して当たり出した時の彼は絶品だ。
                  テンションが上がり、こっちにガンガン迫ってくる。
                  私はパドック党なので予想はあまり買わないのだが、外れまくると、ふと、予想屋の方へ足が向いてしまう。

                  彼は 「強い馬が勝つ」 と言うが、私はその日元気な馬が勝つと思っている。
                  大井競馬場の楽しみの一つは、彼の口上である。
                  勝負師の顔と、人懐っこさと、孤独な顔が合わさっている。
                  あの目は、芸術家のものだと思っている。
                  古いものを容赦無くぶっ壊せる目だ。
                  突っ走ってゆく感じがする。
                  客はそれを感じている。
                  他の予想屋とは全然違う。
                  競馬を語り、予想を語りしているが、何か宇宙の仕組みを説いてるように思う事が有る。
                  はみ出している。
                  はみ出そうとするエネルギーが有る。
                  私の語りの最後には、彼の生声が入っている。

                  完パケたCDを持参し、この語りを聞いた、吉富氏が一言。

                    「(こんな事)言ってねえよ」

                  私、慌てて

                    「えっ、そうすか・・・」
                  | - | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  5−8 一本/「言うてしまえ」No.14
                  0
                    この詞は、実は間違っている。
                    予想屋が 「5−8 一本!」 などと言わない。
                    予想は紙に書いてあり、客はそれを100円で買う。
                    予想屋がそのレースの予想を声に出して言っては、誰も予想を買わない。

                    これは、実はこうだった。
                    吉富隆安は黒板に 「5−8」 と書いて、「この連複は絶対来ない」 と言ったのだ。
                    そして 「5−8」 の文字の上にでかく 「X」 を書いた。
                    「5−8は絶対に無い。 これを買ってはいけない!」 と言った。
                    「5−8が来たら坊主になる」 と言った。
                    そのあたりは「吉富隆安が叫ぶ!」 で語った。

                    ドラムはマーティー。
                    黒人で無ければこれは叩けない。
                    とてつもなくテンポが速く、長いのだ。
                    マーティーはいとも簡単にプレイした。
                    強いビートと柔らかいバネのグルーブが合わさっている。

                    私は軽く歌った。
                    ニューオリンズのグルーブで歌っている。
                    私もマーティーも直球を投げる事は出来る。
                    直球を投げてはいないが、その威力を感じさせている。

                    「行こうと思えば何処までだって行けるんだぜ」 と思って、多分、マーティーもプレイしている筈だ。
                    | - | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    年金じいさん/「言うてしまえ」No.15
                    0
                      このじいさんは今も川崎競馬場にいる。
                      時々パドックで大声で独り言を言ってる。
                      誰にともなく話している。
                      大きなペットボトルを小脇に抱えているので、すぐにわかる。

                      私の語りはかなりリアルだと思う。
                      私はすぐに年金じいさんになれた。
                      コピーが楽だった。
                      何かがすごく似ているからだろう。
                      あと何年か経てば、私は必ずこのじいさんとそっくりになっていると思う。

                      人懐っこく話すが、相手の事など初めからどうでもいいのだ。
                      一瞬の同化を繰り返しているだけだ。
                      誰とも打ち解けない。
                      我が道を行くタイプなのだ。

                      時々、目がキラキラ光る。
                      ヤバく光る。
                      世を恨んでるのか、何か内側で炸裂するものが有るのか。
                      これ以上一人で放っておくとイッてしまう様に思う。
                      そうなってもじいさんはどうって事ないかも知れないが。

                      私は機会あるごとに近づき、パドックでどの馬がよく見えるか尋ねる。
                      未来の自分をそこに見ながら。
                      | - | 10:24 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |